Overblog Suivre ce blog
Editer l'article Administration Créer mon blog
Vitesse Football team training in France 2016 with Teci France - www.teci-france.com

One week Football training at Bordeaux - France

3月21日

Publié le 21 Mars 2016 par Naoko BAN

終了式 ~ 出発(帰国)

マニュコーチから、「フランスのプロクラブの厳しさを知ってもらえる良い機会になったと思う。僕が、
日本の文化、みんなのサッカーに対する姿勢は素晴らしいと思ったのと同様に・・・。
ここジロンダンは、プロの人工芝で練習ができたり、プロ予備軍が通り、僕や僕と一緒にいる人達に
きちんと挨拶をする光景を見れたりする珍しいクラブだと思う。この場所で、みんなが学んだ事を日本で
活かして欲しい。」
続いて、研修企画担当より、「ジロンダンは、君たちのサッカーに対する姿勢や生活態度などを、
噂している。見習うべきだ。君たちもジロンダン、そしてボルドーの大使となって欲しい。」
などの大変光栄な言葉をいただき、一人ずつ終了証とプレゼントを“また”荷物にいれました。
「嬉しいけど、どこに入れよっか?」っと心の声が聞こえてきました。

最後の最後まで、500gの調整が続きます。
最初は私の声を聞かず、メモリが23の手前でなければ、やり直しを求めていた代表も、そのうち、
23KGのメモリを少し超えても「OKだよな?」っと。少なくとも、ボルドー空港では、選手たちの
マジメ(カワイ)さに、24キロ以内=メモリが23.○○だと、23KGにしてくれました。
パリからはJAL便で、2つまで良いので、荷物の入れ替え、リュックに施錠したり、大きなビニールに
入れて預けました。みんな、忘れんように‼
エアフラも、カウンターはてんやわんやでした。短・中・長距離のお客さん、その乗り継ぎのお客さんの
対応に追われますが、ボルドー空港は比較的静かでした。

出発が遅れ、パリの空港での昼食が遅れるので、お腹が空いた人はサンドウィッチを購入。
この約3時間後に、遅めの昼食でした。空港のハンバーガーより、やっぱりボルドー市内で観光中、
太陽の下で食べた方が美味しかったよね?

みぃ~んなフランス人女性に夢中になったようです。

3月21日
3月21日
3月21日
3月21日
3月21日
3月21日
3月21日
Commenter cet article